2011年08月25日

中学野球バッティングの基本


中学野球バッティングの基本はゴロを打つことだと思います。

軟式ボール特有の弾む特性を生かしたバッティングができれば

内野ゴロで安打になる可能性が高まります。

また、ランナーがいる場合でも弾むゴロを打てば楽にランナーを進塁させることもできます。

このバッティングに徹したチームが優位に立つと思います。


もちろん、そのようなバッティングに限定するわけではありません。

しっかりミートしてライナー性の打球を飛ばせる人は何も変える必要はありません。

1番から9番までそのようなバッティングができるわけではないので、

何とか次の打者につなぐ役割の人には是非、そのようなゴロを打つ練習をしてもらいたいものです。

【号外】全て無料。全6章382ページマニュアルと映像をプレゼント。


高校にも軟式野球部がある学校もあります。

全国大会の都道府県代表目指して頑張っています。

全国に出場するような軟式チームは徹底して叩きつけるバッティングをする学校もあります。

確かに高校生のピッチャーが投げるボールは速いので、

そんなに簡単に叩きつけるバッティングができるわけはありません。


それを可能にするのは練習ですが、私が考えたバッティングスタイルはバスターです。

バントの構えからボールの軌道を想定してバットを引き、軌道に合うようにバットを振るのです。

ボールのてっぺんを強く叩くイメージでボールに当てると意外と簡単に弾むゴロを打つことができます。


それぞれに合った工夫があるはずなので、色々と試行錯誤しながらやってみると良いでしょう。



【号外】全て無料。全6章382ページマニュアルと映像をプレゼント。


posted by rich-wood at 15:42 | Comment(0) | 中学野球

2011年08月20日

軟式野球出身者でも甲子園で通用する

【広告】 全て無料!7つの副業法・50個の特典


夏の甲子園も大詰めですが、今年の甲子園を湧かせた球児の中には

中学時代に軟式野球を頑張ってきた選手もたくさんいます。


今年活躍して爽やかさを振りまいた秋田県代表の能代商業高校は、

ほとんど中学時代に軟式野球を頑張ってきた選手たちのようです。

昨年の全国中学軟式野球選手権大会は能代市にある中学校が優勝しました。

このように、秋田県の中学生の多くは軟式野球を頑張って、高校野球に進んでいるのです。



秋田県には中学硬式野球のチームもいくつかあるようですが、

まだまだ浸透していないようですね。


今、中学校で軟式野球を頑張っている人たちの多くは、

高校で硬式野球をやるのではないでしょうか。

軟式ボールの弾むゴロを取る練習は、動体視力を鍛えたり、俊敏性を養ったりします。

これを経験した人は、硬式球のゴロは逆に弾まないので捕球しやすいと言います。

現に私の息子は、軟式ボールは難しいと言います。

硬式球の方がフィールディングが楽と言います。

もちろん、イレギュラーして身体に当たったら凄く痛いでしょうから最初はビビると思います。

でも、練習の雰囲気に飲まれて皆自然と慣れてくるみたいですね。


硬式野球のチームに入っている人は、それはそれで頑張って欲しいですが、

決して軟式だからダメだということはないと私は思います。

中学校の最後の大会が終わってからでも、硬式球に慣れようと思えばできます。


今ある環境で野球を思う存分楽しむことが上達の秘訣でもあるかもしれませんね。


posted by rich-wood at 08:20 | Comment(0) | 中学野球

2011年06月10日

中学軟式野球のピッチャーのスピード


中学軟式野球のピッチャーなら130km/hが速球派の目標になるでしょう。

このスピードをクリアできたら高校で140km/hも夢ではありません。

コントロールを強化して、変化球もマスターできたらエースを狙えますね。

今のところは、絶対的なスピードを身につけることが重要だと思います。

そのためには、下半身の粘りと腕の振りのスピードアップに力を注いでください。

こんな測定器があればいつでも気軽にスピードを測定することができます。

オススメです。

☆★2010年モデル★☆ SSK(エスエスケイ) マルチスピード測定器『MULTI SPEED TESTER』 mst100

☆★2010年モデル★☆ SSK(エスエスケイ) マルチスピード測定器『MULTI SPEED TESTER』 mst100


夢は大きく持ちましょう。

いつかは硬式で150km/hを狙うくらいの気概を持ってトレーニングに励んでくださいね。




posted by rich-wood at 13:52 | Comment(1) | 日記

2011年05月14日

肩甲骨を鍛えることが大事


肩甲骨を鍛えて可動域を広げることが大切だということは多くの方が知っていることです。

鍛え方はいろいろあると思いますが、

私はインチャクトレーニングに注目しています。

あまり聞き覚えがないトレーニング法かもしれませんが、

要は、肩甲骨周りのインナーマッスルを鍛えるトレーニング法のうち

一番心地よい方法だということです。

きつくない、辛くない、しかも気持ちいいトレーニングですから、

子供さんから大人まで無理なくできる今注目のトレーニング法だと思います。

肩甲骨を鍛えるインチャクトレーニングで肩甲骨の可動域アップ

posted by rich-wood at 17:06 | Comment(0) | 日記

2011年03月26日

弱いチームが強いチームに勝つためのノウハウ



中学野球、つまり軟式野球には番狂わせがあまり無いように思いますよね。

弱いチームが第一シードの強いチームに勝つなんてほとんど無理ですよ。

ところが、軟式野球の特徴だけを研究して、

いかにしたら勝てるかを考えている人がいるのです。

軟式野球ならではの必勝法というのがあるそうですよ。

       ↓
軟式野球必勝法

これは、中学野球で弱いとされているチームが強いチームに勝つための鋭いノウハウだと思います。


強いチームと言っても、

郡市大会で勝ち、全県大会で勝ち、ブロック大会で勝ち、

そして全国大会で勝ったまま中学野球を終えるのはたった1チームしかないのです。

その強いチームにするためのノウハウでもありますし、

逆に弱いチームが、自分たちより強いチームに勝利するためのノウハウでもあります。

  軟式野球必勝法

面白いです。

posted by rich-wood at 17:12 | Comment(0) | 中学野球

2009年04月14日

高校野球.comへ移行しました



皆様、ご無沙汰しております。

中学野球.comは息子の高校入学に伴い、

高校野球.comへ移行しました。↓

     http://highbaseball.seesaa.net/

もし、よろしければ見に来てください。

これからの息子の野球人生を楽しみに眺めていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。



posted by rich-wood at 20:57 | Comment(0) | 日記

2009年02月17日

合格!!


息子が推薦で公立高校に合格しました!

以前話していた某進学校です。

高校から声が掛かっていたので、可能性が高いということでしたが、

実際に「合格」の通知を頂くまでは不安でした。



進学する高校は甲子園出場を未だ果たしていませんが、

毎年のように優勝候補の3番手か4番手くらいに

位置づけられる高校なのです。

息子たちの代に甲子園初出場を果たしてもらいたいものです。



先週末は土曜日にマシントレーニング、

日曜日は砂浜トレーニングをこなしました。

昨日は超回復のための休日でした。

体重が昨年の暮れから比べると5kg位増えています。

まだまだですが、勉強と並行したトレーニングで

よく増えてくれたと思っています。


高校からは推薦合格者用テキスト形式の宿題が出されていますし、

3月初旬には大量の宿題が例年出されているらしいので、

勉強も疎かにすることはできません。

でも、同じ勉強するにしても、

高校受験のプレッシャーに比べたら雲泥の差です。

この時期を有意義なものにするよう、

息子と話しながら、楽しみながらやっていこうと思っています。


3月の下旬くらいから高校での練習が始まるようで、

それまではひたすら自主トレーニングですね。




posted by rich-wood at 12:57 | Comment(4) | 日記

2009年01月19日

雪の浜トレ

ここ数日は雪が降っています。

幸い昨日は雪は降りませんでしたが、

砂浜は「雪浜」に様変わりしていて

それなりに良いトレーニングができました。

雪浜でのランニングの後は、

恒例の緩い登り坂ダッシュです。

090118_1407~0003.jpg

わずかな傾斜というのがキモだと思っているんですよね。

40mのダッシュは本当にきついです。


その後は、ご覧のように

木材をメディシンボールに見立てて

ボール投げならぬ木材投げです。

090118_1432~0004.jpg

前投げと後ろ投げと左右投げを

40m間を投げては歩き、投げては歩きを繰り返します。



あとは三遊間と二遊間のゴロ捕球をイメージした

横ダッシュの繰り返しです。

中日の井端選手のような

左右の素早いフットワークをするための

インナーマッスルとアウターマッスルを鍛えるには

もってこいだと思います。


受験生ではありますが、

少しの時間を見つけてトレーニングすることは

十分可能なことだと私は思っています。

受験期間に身体がなまってしまっては

春からの野球シーズンにスタートから出遅れてしまいます。


時間のメリハリをつけて

受験生でもできるトレーニングをあと2ヶ月ちょっと

頑張らせるつもりです。




posted by rich-wood at 12:59 | Comment(2) | 日記

2009年01月07日

走り初め

2009年がスタートしました。今年もよろしくお願いいたします。

正月4日に息子は本年の砂浜走り初めをしました。

風も寒さもほどほどで、
ちょうど良い走り心地だったかもしれません。

浜1

とりあえず、アップのランニング画像ですが、

雰囲気出てますか?

15分も走ると結構な運動ですよ。


その後はダッシュです。

砂浜のわずかな登り坂を利用して

約40メートルのダッシュは効果ありそうですよ。

スタートからフィニッシュまで全力で

足を取られながらも必死にダッシュです。

私も一回だけチャレンジしました。

本当にきつい!

これだけで左股関節がガタガタになりました。

息子は10回できませんでした。

8回で勘弁してあげましたよ。

他には左右の動きです。

三遊間のゴロを捕球するイメージと

戻りは二遊間のゴロ捕球をイメージした動きです。

これも砂浜なので、とてもきついです。

三月まで週1でも続けられたらすごいと思います。
posted by rich-wood at 17:13 | Comment(0) | 日記

2008年12月09日

迷ったらストライク?! 

プロ野球では、来季からセ・リーグもパ・リーグも

ストライクかボールか迷った場合は、

「ストライク〜!」とコールすることで

試合時間短縮につなげようという動きがあるらしいですね。



私は中学校の紅白戦で主審をしたことがありますが、

はっきり言って、低めはわかりませんでしたね〜。

高めは胸のマークあたりという曖昧な感覚ではありましたが、

なんとか、自信を持ってコールできました。

でも、低目は膝のどの辺をボールが通過したか

微妙なところはほんとんどわかりませんでしたよ。

あと、ホームのクロスプレーでのアウト・セーフの判定も

自信ありませんでした。

「セーフ!」というコールの後、キャッチャーの子から、

「ベースはここですよ。ランナーの足が届いてませんよ。」

と言われるありさまでした。

紅白戦とはいえ、選手たちは真剣にプレーしているのに

悪いことをしたなぁ・・・と反省しました。

審判は神だ!とか、私がルールブックだ!などとは、

私は言えませんが、人間は機械ではないので、

多少の判断ミスはあるものだという前提のもとで

審判の判断を尊重してあげてもいいのではないかな・・・

と個人的には思います。

但し、息子の試合に限っては、

不利な判定は絶対に勘弁してもらいたいですね。



posted by rich-wood at 13:06 | Comment(1) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。